冷房病冷え性】冷房病の原因とリスクについて詳しく対策していきます。冷房病も冷え性の一種です。

冷房病と冷え性

クーラーの落とし穴

クーラーで冷え切ったお部屋冷房病という言葉を聞いたことがあるかと思います。冷房病とは、クーラーが原因で起こる症状で、初めは手先、足先だけだった冷え性が膝から下、腰から下、腕やうなじ、背中へと冷えを感じる部位が増えていきます。そして、夏でも暖房が必要といった状態にまで悪化し、このころになると全身にさまざまな症状が起きてきます。そのなかでも多いものは、肩こり、腰痛、胃腸障害、便秘、下痢、生理痛、生理困難、生理不順、頭痛、不眠、イライラなどです。これらの症状が増えていくと日常生活にも支障をきたしてしまいます。そのため冷房病対策は夏の季節は大切になります。

冷房病とは

冷房病というのは、クーラーなどで長い間、身体が冷やされたことが原因となって皮下の毛細血管や汗腺に異常事態がつづき、ついには自律神経が障害され、身体にさまざまな症状を起こすことを指します。冷房病が悪化すると、温度変化などの周囲の環境の急激な変化に身体がついていけなくなり、めまい、ふらつき、貧血、血圧の変動などの軽いショック症状を起こすことがあります。これはヒートショックのなかにあるコールドショックと呼ばれているものです。

冷房病の原因

クーラー人間の体温は常に一定に保たれています。たとえ激しい運動をして体内に熱が発生しても、汗をかくことによって、汗による気化熱を利用して、体内に溜まる熱を体外に放出するため体温を下げる事が出来ます。1日中冷房のかかっている部屋にいると、汗をあまりかきません。このように、汗をかかない状態のまま、身体の熱が体表から奪われてしまうと、人体にとっては異常事態となっています。この状態では皮下にある毛細血管は、身体の熱が奪われないように守るため、血流量を減少させてしまいます。同時に汗腺も収縮して、汗が出ないようにします。これも、身体の熱が奪われることを防ぐためです。このふたつの作業を行なっているのは、血管のまわりなど、身体のあちこちに存在している自律神経です。

自律神経について

自律神経とは、睡眠、血圧、体温などの調整や内臓の働き、免疫などといった働きをつかさどっている神経です。身体に異常事態が起こっている状態で温度の高い外に出ていったりすると、今度は急激に血管を拡張させ汗腺も開いた状能になり、自律神経は汗を出そうとします。こうした急激な温度変化は身体にとっては異常事態です。このような急激な温度の変化が1日のうち何度となくつづくと、全身に張り巡らされている自律神経は悲鳴をあげはじめます。そして、自律神経によって行なわれている身体のさまざまな繊細な調節がうまく行なわれなくなります。こうなると汗はあまり出なくなり、やがて汗腺自体が衰退してきます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ