足湯冷え性】冷え性に効く、足湯の方法と効果について(冷え性改善club)

足湯

足湯は血行をよくして冷えをとります

足湯は、血行を改善してくれ、冷え性に効果のある入浴法です

足湯

下痢、腹痛、頭痛、月経痛などがあって体調が悪く、夜の入浴まで待てないというとき、風邪ぎみのとき、ケガをして入浴ができないというようなときにも、足湯で体の冷えをとることができます。


足湯の方法

バケツに38~40度のぬるめのお湯を入れます。お湯の量は、足を入れたとき、足首の上くらいになる程度です。コップ半分のあら塩を加えますあら塩のアクは、体の老廃物を湯の中に引っぼり出してくれます。
いすにすわって、両足の指先から静かに、湯に入れていきます。
5分たったら、ひざがしらの下にあさんりる足の三里のツボの高さまで湯がくるように、同じ38~40度くらいのぬるま湯を足していき、さらに5分つけます。
足をつけている時間は、合計で10分くらいから始めてください。足をつけて5分ほどで、全身がポカポカと温まり、汗が出て気持ちよくなります。
汗をかくので、上半身は薄着にして、すぐ汗をふけるようにしておいてください。
あら塩の足湯が終わったら、いったんタオルでふき、もう一度、こんどはぬるま湯だけにつけて足の塩分を落とし、再度タオルでよくふきます。
毎日やる場合は、まず3週間つづけてみてください。足先や腰の冷えが、しだいにとれていって、足が疲れにくくなります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ