お風呂冷え性】間違った入浴法について解説。生活習慣から冷え性を改善しよう。お風呂の効果、効能を知れば冷え性知らず

お風呂と冷え性

お風呂から上がる

お風呂の効果

浴槽につかる入浴では、体を芯まで温め、自律神経のバランスを調えて副交感神経が優位になるので、入浴効果として、心身をリラックス、疲労回復、眠気を誘います。お湯につかることで、湯の水圧によって血管やリンパ管が圧迫されることにより、血行促進効果があり全身の代謝が活発になります。

シャワーについて

シャワーは気軽に入れるため、一人暮らしの方は特に、シャワーばかりの生活になってしまう事も多いかと思います。しかしながら、シャワーのみの生活習慣は、からだを、じわじわと冷やしてしまい、冷え性の原因にもなっているので、お風呂に入浴するように心がけましょう。

シャワーばかりの生活は、冷え性の原因

日頃からシャワーのみの生活をしていては、体が芯から温まらず冷え性につながっていきます。また、シャワーだけでは、交感神経が優位なまま緊張状態がつづいてしまうため、疲れもうまくとれません。特に熱い夏は、どうしてもシャワーのみで済ませてしまう方もいらっしゃると思いますが、クーラーで冷える夏こそ、ぬるめのお湯にゆったりつかる入浴が重要になります。

熱いお風呂と冷え性

熱すぎるお湯は皮膚の表面にバリアをつくり、中に熱を入れないようにしてしまう為、体は表面だけ熱く、芯は冷えたままという状態になってしまいます。

湯上り

寒い日などは、熱めのお風呂に入浴したくなりますが、熱すぎるお湯は冷え性の原因です。
熱すぎるお湯は、朝のシャワーなどには目を覚ましてくれる効果がありますが、夜の入浴時には注意が必要です。
お風呂に入るときは、ぬるめのお湯でゆっくり全身を温めることにより、体の冷えを取る効果があります。
冷え性改善のためには、半身浴などを取り入れたり、入浴剤でリラックスしながらゆっくりと入浴したり、お風呂を上手に取り入れる事が大切です。

湯上りの汗

お風呂上りは誰でも汗をかきますが、汗をかけば体が冷え、エネルギーも消費します。そのため、体が弱っている人は、発汗したあとの保温に、気をつける事が大切です。特にお年寄りや虚弱体質の人は、入浴をして体を温めたあとは、汗で体温を奪われないよう体をよく拭き、下着や衣服をしっかりと着て、体温が逃げないように注意をする事が大切です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ