冷え性お風呂】冷え性に効く、入浴の方法について。冷え性を改善する為の入浴の方法についての知識と方法を深めよう

お風呂の効果的な入浴方法

お風呂は美容にかかせません

入浴は毎日の生活の中で、体の冷えをとり温める、最も大切な健康習慣のひとつです。ただし方法をまちがえると、かえって冷えを悪化させることがあります。

シャワーよりは湯ぶねに入る

シャワーには、水圧で肩や腰などを部分的にマッサージする効果がありますが、からだを温めるという面からみると、ほとんど効果はありません。一年中シャワーだけという人は、体のしんが温まっていないので、しだいに冷えをため込むことにもなります。

お湯は、ぬるめにする

DF169.jpg
熱い湯は、交感神経を刺激して血管を収縮させ、体の表面だけを急激に温めてバリアをつくってしまいます。体のしんが温まらないので、ふろから上がってから冷めるのも早いのです。
体温より少し高い38~40度くらいの、ぬるめのお湯にじっくり入れば、体のしんが温まり、汗も出て代謝がよくなり湯冷めもしません。

下半身を中心に温める

肩まですっぽり入る全身浴は、冷えた足元より、上半身だけが先に温まってしまいがちです。そうなると、足元が温まることはありません。体のエネルギーである「気」は、下から上がっていって、いったん上がると下がりません。上だけ熱いのぼせは、けっして体が温まった状態とはいえません。

ふろ上がりは、下から着る

温まった体を冷やさないためには、すぐくつ下、ズボンなどをはいて下半身から体温が逃げないようにしてください。暑いときは、上半身は裸でもかまいません。逆に、足は素足のままガウンだけはおるスタイルでは、上が温かく下が冷たい状態ですので、かぜをひきやすくなります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ