冷え性原因】冷え性には様々な原因があります。原因を知れば改善にもつながります。原因を知るのが冷え性改善の第一歩

冷え性の原因

低体温と冷え性

冷え性や体温自体が低い低体温の人が女性に増えています。この原因になっているのが、ダイエットや運動不足、冷暖房やファッションなどの影響です。このような環境のため熱がつくられにくく、低体温の方が多くなっています。

冷え性の2大原因

食事が熱をつくる

食事、野菜お腹が減っているときは力が出ないと思いますが、食事をとらなければ栄養もとれませんが体内で熱を作り出す事ができません。女性に冷え性が多いのも、ダイエットなどで無理な食事療法が原因にあげられます。食事をとると、食べものは胃腸に運ばれて、消化・吸収されます。そして肝臓でエネルギーに変換されます。

基礎代謝、筋肉が熱をつくる

睡眠中も体は活動してます食事以外にも、筋肉の働きにより自力で熱を作るシステムを人間のからだは持っています。
運動をすることにより、筋肉の作用で熱エネルギーが生まれます。運動をしなくても、呼吸をしたり心臓を動かしたりする基礎代謝があるため、筋肉が全身についていれば運動をしなくても温かいからだでいられます。女性に冷え性が多いのも、男性にくらべて筋肉量が女性のほうが少ないためです。

からだに熱が配られない原因

自律神経が熱を配る

体内でつくられた熱は、血液にのって全身に配られます。そのためには、サラサラの血液が、全身をめぐっているのが理想です。血液サラサラでいるためには、心臓や血液、血管が健康であること、自律神経が正常に機能している事が重要になります。自律神経は生命維持のための神経で、からだの中心部の熱が奪われないよう、熱の配分を調節しながら、からだを一定の体温に保ってくれています。この自律神経は、交感神経と副交感神経からできており、外気やメンタルの影響を受け、毛細血管を開閉させることで、からだの熱を調節しています。自律神経のこのような働きにより、からだの体温は調整されます。

冷え性と体温調節

冷え性の方は、体温調節に問題があります。冷え性の人が体温調整できない最大の原因は、冷暖房により自律神経が乱れてしまっえいるためです。もともと体は温度や気候の変化に対応できるように自律神経で寒暖差を調整できるように出来ています。特に日本には四季があるので温度差7度未満なら自律神経のみで体温調節ができるようになっているとの事です。しかしながら、最近では夏場の酷暑や猛暑ため、より一層、室内と屋外の寒暖差が大きくなってしまっており、頻繁な温度の変化により、自律神経だけでは体温調節が難しくなってきています。

スポンサードリンク

ページの先頭へ