運動改善冷え性の改善方法について詳しく解説(冷え性改善club)

運動改善

筋肉量をUPさせると冷えにくい体になります

基礎代謝をアップ

ダイエットするぞ
がいつでも作られ、体中に十分に熱が行きわたっていれば、冷え性で悩まなくなります。そのような体質になるためには、基礎代謝をUPさせる事が大切です。
基礎代謝をUPさせるためには、運動をして筋肉をつける事が必要になります。基礎代謝とは、人間が生きていく為に自然に行われる呼吸などです。基礎代謝は、筋肉の量と比例し、筋肉量が増える事により熱の量も増えていきます。
基礎代謝を上げるには、からだを支える基本となる体幹部の筋肉を強化することがポイントになります。ここが強化されれば、立ったり、座ったりといった日常動作でも基礎代謝により、からだは温かくなります。

ダンベル運動

500g~1kgのダンベルを両手に持ち、交互に動かして、上半身を支える筋肉をきたえます。

ピラティス

1900年代初頭にドイツのピラティス氏が考案したりリハビリ用の筋トレです。

スクワット

下半身全体を支える筋肉を鍛えます。足、腰、おしりのコアマッスルが強化され、疲れにくくなります。

ウォーキング

歩くことで体内に酸素がとり込まれるため、血行がよくなり冷えも改善されます。毎日30分以上を目標に行うと良いでしょう。

冷え解消運動には汗の管理が大切

冷え性改善のために運動する時には、汗の管理に気をつける必要があります。なぜなら、汗はからだを冷やすため、汗をそのままにしておくと冷え性を悪化させます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ