【ショウガ味噌汁】冷え性に効果のある料理レシピ(冷え性改善club)

冷え性料理レシピ

生姜味噌汁

生姜味噌汁を1日1回以上、最低3週間毎日飲みつづけることにより、冷え性、肩こり、腰痛、便秘などの症状が改善します。

効果、効能

味噌汁生姜味噌汁を飲むと下腹部に溜まった血液が全身にまわるようになり、手先足先の血流が改善されます。生姜味噌汁を飲んで5分ほどで足先が温かくなります。生姜に含まれる成分と味噌汁の成分が合わさることにより、味噌と生姜の長所が合わさり、全身の血行が促進しからだが温まります。また、冷え性以外にも、生姜味噌汁にはダイエット効果もあります。生姜味噌汁を最低3週間続けることにより、生姜と味噌の相乗効果で腹部の冷えている温度が上昇し、下腹部の鬱血が解消され、血液が身体中に流れやすくなります。身体が温まるようになったら、毎日ではなくても1日おき、2日おきと日をあけても効果は持続します。生姜は古来より健胃薬といわれ、胃腸の薬として使用されてきたので、胃腸が弱く生姜が苦手な方も、毎日少量ずつでも試すことによって、胃腸の調子がよくなると同時に身体もだんだん温まってきます。

作り方

生姜味噌汁の作り方は、普段食べている味噌汁をお椀に注ぎ、すりおろした生姜約10グラムを加えて完成です。生姜10gは、親指の先ほどの分量になります。生姜味噌汁は味噌汁に生姜を入れるだけなので、簡単ですが大切なポイントがあります。それは、生姜は自分で生の生姜をすりおろす事です。間違っても、チューブ入りの生姜を使用しないでください。

スポンサードリンク

ページの先頭へ