冷え性対策、おしゃれ】冷え性に効果のあるおしゃれ対策について、冷え性対策の為にもお腹を出すような服装はやめよう。

冷え性おしゃれ対策

冷え性でもオシャレは出来る!!冷え性とうまく付き合って、モテ顔に大変身

ポイントを押さえて、おしゃれに冷え性対策

冷え性だからと、おしゃれを控えるのは抵抗があると思います。ですが、薄手のワンピース1枚で、冷房の効いている部屋にいれば、からだは芯から冷えてしまいます。冷え性対策をするときに、そうならないよう、ファッションのポイントをおさえつつ、工夫をしましょう。

お腹が冷えると手足も冷える

冷え性対策のポイントは、インナーでからだの中心部をあたためることです。腹巻きやタップパンツを1枚プラスする事により、露出度の高いファッションも楽しむことができます。

寒い部屋で、衣類を脱いでいったときに、手足の温度が1番下がりやすいのは、おなかまわりの衣類を脱いだときです。これは、おなかを冷やすとからだが生命の危険を感じ、自律神経が中心部の熱を守ろうとするためです。
手足の毛細血管を収縮させ、熱をからだの中心部に集中させるように働くため、手足などからだの中心部以外は冷えてしまいます。

冷え性対策インナー選びのポイント

サーモタイプなら化学繊維もOKです

化学繊維でも、汗がとどまらず、保温性の高いサーモタイプなどのハイテク素材なら、冷え性対策に使うことができます。下着やスポーツウエアのメーカーから、薄手のものがでています。

太ももまで覆うタップパンツがおすすめ

タップパンツは、おしりや下腹部が守られ冷え性対策につながります。シルクなどの天然素材なら、薄手のものもありますので、アウターに響きません。

ストッキングの下に5本指ソックス

5本指ソックスは冷え性改善の秘密兵器です。5本指のインソールソックスや指先だけの製品もあります。ストッキングの下に重ねばきをすることによって、足の冷えが楽になります。

天然素材ならシルクがベスト

汗をかいた時に、水分がとどまる化学素材は冷えのもとになります。シルクやリネンなどは、水分を吸収してくれて、渇きも早いので、100%天然素材の製品を使用すると冷え性に効果があります。

腰まわりには腹巻きを

腰まわりは子宮や卵巣、腸など、冷えに弱い臓器がつまっています。そのため、下腹部を冷やすことは冷え性につながってしまいます。そうならないよう、下腹部をガードするために腹巻きを巻くと冷え性対策になります。

ガードルや補正下着などは血めぐり悪化させます

冷え性の人は、締め付け感のあるガードルなどの補正下着はNGです。足の付け根には太い血管が通ってるため、補正下着やガードルなどにより血めぐりが悪くなってしまい、その結果下半身冷えやむくみの原因になります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ