【下半身冷えタイプ】傾向と診断について(冷え性改善club)

下半身冷えタイプ

冷えの特徴

下半身の冷え性は、まず最初に手足の先端が冷えます。そして、冷え性の症状が悪化すると、足の裏や上半身がのぼせて、冷えのぼせに移行していきます。

日常生活における特徴

肩こりがひどい
口が乾きやすい
顔や手がほてることがある
よくおなかが張る
冷えると尿が近くなりやすい
冷えると、おなかがキューつと痛むことがある
症状が悪化してのぼせてくると、入浴を好まなくなる

生理の特徴

月経周期は遅れ気味
緒血登は多め
レバー状のかたまりがたくさん出る
経血の色は赤黒い
生理痛は月経のはじめ頃にある
月経前、排卵日前後は、ニキビや便秘、下痢、肩こりなどがひどくなる

肌の特徴

シミ、ソバカスが多い
顔色がくすんでいる
唇の色が悪い

スポンサードリンク

ページの先頭へ