【冷え性とカイロ】カイロを効果的に取り入れる事によって、冷え性が改善します、このサイトでは、冷え性に効果的なカイロの使い方を解説しています。

カイロの効果的な使い方

カイロは温度調節ができないので、低温やけどの危険があるため、衣類の上から貼る必要があります。

カイロには、使い捨てタイプや携帯用タイプなどがありますが、使いやすいのは、ミニサイズで貼るタイプの使い捨てカイロです。衣類につけられるので、あたためたい場所を、ピンポイントで長時間あたたかくできます。コンビニやスーパーですぐに買うことができるので、手軽に暖める事ができます。

上半身なら肩甲骨にカイロを貼ろう

肩甲骨にカイロをはりましょう。貼るカイロ使用時に、大きな血管が通っている場所や、からだの中心部に貼ると効果的です。全身の冷えや、下半身冷えが強いなら、腰と下腹部のダブル使いをすると良いでしょう。両面から挟むので、からだの中心部が温かくなり、中心部が温まることで血めぐりがよくなり、足先まで温かくなります。上半身や手先が冷えているときには、カイロは肩甲骨のあいだに貼ると効果的です。肩甲骨の間が温まると、肩まわりの筋肉がほぐれていき、血めぐりがよくなります。首から上、肩から先まで熟が伝わるのです。頭痛や肩こりがある人にもおすすめの方法です。

足の付け根にもカイロを

足のつけ根のそけい部は、大きな血管が通っていて、カイロで温めると下半身に向かう血流が温まるため効果が高い場所です。ただ、ここは皮膚が薄くて弱い場所。貼るカイロより、温度調節機能のついた携帯カイロのほうが安心。スカートやパンツのポケットに入れておくと一日中あたたかく過ごせます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ