冷え性漢方】冷え性に効果のある漢方(冷え性改善club)

冷え性と漢方

漢方で血めぐりの悪さを解消

AG067.JPG漢方薬は、漢方外来で診察を受けて処方してもらう事ができます。また、女性外来や婦人科でも処方してもらえる病院もあります。漢方薬は自然界にある動植物からつくられた「生薬」の組みあわせで作られており、漢方薬は、自然治癒力を高め時間をかけ根本的なトラブルを解消していくのが目的になります。漢方薬で冷え性改善を行う時も、半年以上かけて体質改善していきます。
冷え性の原因は、熱をつくれない事と熱を配れない事が原因です。このように、冷え性は、熱を作ったり熱を体中に送る事出来ないために起こります。特に血めぐりのわるさは、冷え性の人が一番悩む問題です。漢方薬を処方して血めぐりをよくする場合は、瘡血(おけつ)を解消する駆瘡血剤というグループの漢方薬がもっともよく使われます。また、ストレスが強かったり、ひどいむくみがあったり、胃弱で熱をつくれないような場合には、それらを踏まえた漢方薬が処方されます。

服用中の変化を勝手に判断してはダメです

漢方薬には湯剤、散剤、丸剤、エキス剤の4種類があり、それぞれつくり方に特徴があります。また、漢方薬服用の際は、服用中に体調が変化するケースがありますので注意が必要です。その変化が良い変化なのか漢方薬の服用を中止したほうがいいのか素人判断する事は危険です。迷ったときには必ず専門医や薬剤師に相談してください。

湯剤(とうざい)

漢方、湯剤写真
煎じ薬とも呼ばれている漢方薬です。生薬を鍋で一定の火加減で煎じ、その後ガーゼなどでこしてから飲みます。煎じるときに出る香りにも薬効があります。

散剤(さんざい)

漢方、散剤写真
生薬を粉にした漢方薬です。煎じるとなくなってしまう生薬の成分をとり込むことができます。水や白湯でのみます。吸収されやすく即効性もあります。

丸剤(がんざい)

丸剤写真
散剤を、はちみつなどで丸く固めて作った漢方薬です。錠剤などと同じように、水や白湯でのみます。散剤より即効性はありませんが、ゆっくりじわじわと効果が表れます。

エキス剤

エキス剤写真
湯剤のエキスを抽出してつくった漢方薬です。錠剤、液剤などがありますが、一般的なのは顆粒タイプです。白湯に溶いて飲みます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ