【熱が作られない原因】冷え性の原因について

熱が作られない原因

悩む女性
食べる量が少なかったり、生野菜やフルーツばかりの食生活をダイエット目的で頑張っていたり、胃腸の働きが弱くなっていたりするとどうしても、熱が作られにくく、からだは冷えやすくなってしまいます。
特に女性は筋肉量が男性にくらべ特に少ないため、冷え性になりやすい特徴があります。

熱が作られない4つの原因

食べる絶対量が足りない
ダイエットなどにより、食べる量を制限して、必要なカロリーを摂取できないと、必要な熱エネルギーを生み出すことができません。
朝食を抜くことにより、朝起きてから、からだを動かすために必要な熱エネルギーが生み出せず、昼ごほんを食べるまで活動モードに入ることができなくなります。
間違った食事の摂り方をしている
生野菜やフルーツばかりをとるなど、間違った健康知識でかたよった食生活を送っていると、上手く熱をつくれません。
食べ物には、からだを温める食べものと、冷やす食べものがあります。冷やす食べ物ばかりですと、冷え性の原因になります。
胃腸の働きが弱っている
胃腸の働きが弱っていては、食べものが消化・吸収・分解されず、熱が上手く作られません。
筋肉量が少ない
筋肉量が少ないと、基礎代謝が落ち効率よく熱を生み出すことができません。
女性は男性に比べると、特に筋肉量が少なく、冷え性になりやすい特徴があります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ