夏冷え対策】夏に冷え性になってしまう原因として、冷房や冷たい食べ物などがあります。夏に冷え性でつらい思いをしないように、対策をしましょう。

夏冷え

夏の冷え性、夏冷えと冷房病

花火は夏の風物詩【夏冷え】と言われるように、近年では夏場の冷房による外気との温度差により、夏場に冷えを感じている女の子が増えています。夏冷えの原因は当然、冷房による温度差ですが、それに加え、夏場におしゃれをと露出度の高いファッションにも原因があります。もともと女性は男性より筋肉量が少ないので、からだのなかで熱を生み出せる量も少なく、冷えやすい特徴がありますが、女性は男性以上に夏場のファッションは露出度が高めになりがちです。

冷えやすいファッションでも、オシャレの為なら頑張ってしまうと思いますので、夏場に冷房病にならないためにも、冷房の効いたオフィスなどでは、ブランケットを使用するなど冷え対策を完璧に行うことが重要です。

体温調節がと自律神経

夏のオシャレ間の体温は、暑い場所では体温を逃がし、寒い場所では体温を守ろうとする、体温調節の機能が備わっていますが、寒暖差が7度を超えてしまうと、自律神経がうまく働かなくなってしまい、自力では体温を調節しきれなくなってしまいます。夏冷えの原因には、おしゃれを優先させて、多少の寒さを我慢しても露出度の高いファッションをしてしまったり。また、夏パテで運動不足になったり、栄養価の低いそうめんやアイスコーヒーなどの冷たいものばかり食べてしまうなどが上げられます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ