ダイエット冷え性】間違ったダイエットは冷え性の原因、無理なくダイエットをする為にも、冷え性になる、原因を知ろう。

無理なダイエットは冷え性のもと

無理なダイエットは脂肪が燃えにくい体の原因

無理なダイエットは体のバランスをくずし、冷え性の原因です

食事はからだの基本
綺麗になりたいと、女性の方がはみなさん思われるため、ダイエットの必要もない痩せている方までもが、太っていると無理なダイエットに走ってしまう事もあります。このような必要のないダイエットや無理なダイエットは通常、食べることを制限したり、食べることをやめたりするため、その結果、栄養不足になってしまいます。

しかも、ダイエットだと無理な食事制限をしていると、からだがその状態に慣れてきてしまい、脂肪が燃えにくいからだになっていってしまい、見た目はやせているのに体脂肪率は高い、隠れ肥満になってしまいます。

健康的にやせよう

栄養バランスのとれた食事と運動が大切

健康的にやせるためには、脂肪が燃えやすい体作りが大切です。そのためには、栄養バランスのとれた食事と運動が大切です。運動するときは【ウォーキング】や【ストレッチ】を行うと効果的です人間の筋肉の70%以上は下半身にあるため、足の筋肉を動かす必要があります。寒い季節でも、運度を行うことで、筋肉が動き熱が発生します。そのため体が温かくなり血行促進や免疫力の向上の効果があります。

若いころのダイエットは、更年期の体に影響

ダイエットは、女性のホルモンバランスを乱す点が問題です

エクササイズ女性ホルモンは、皮下脂肪を使って作られます。そのため皮下脂肪が減ると、場合によっては月経が止まることもあります。20代のころ、何度もダイエットをした経験がある人や、毎日朝食抜きだった人、月経痛に悩まされていた人などは、中年期以後にホルモンバランスをくずし、特に更年期になると、さまざまな症状になってあらわれるようになります。女性の体は、もともと閉経すると、卵巣から分泌されていた女性ホルモンが激減します。卵巣からはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類のホルモンが分泌されていますが、このうち特にエストロゲンの減少が体全体にかかわっていきます。エストロゲンは、月経など生殖機能にかかわるだけでなく、血液により体中に運ばれ、さまざまな働きをします。この、エストロゲンが閉経前後から減少するにつれ、コレステロール値が急激に上昇し、血管が細くなったり柔軟性を失って、血栓ができやすくなります。女性の閉経期は、ホルモン状況が大きく変化する時期ですが、若いころの無理な生活の影響が、積もり積もってあらわれてくる時期でもあります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ