【熱が送られない原因】冷え性の原因について

熱が送られない原因

熱が作られない原因には、自律神経の働きがうまくいっていなかったり、特に女性は露出度の高いファッションや筋肉、脂肪の量や、女性ホルモンのバランスにより冷えやすい体質であったりストレスなどが、熱が送られない原因になります。逆にいえば、これらを解消すれば、冷えにくい体質作りができます。

寒暖差が激しい
自律神経が調節できる温度差は7度未満ですが、冷暖房が充実したことにより、夏も冬も7度以上の温度差にさらされて、自律神経が正しく機能しなくなっています。
露出の多いファッション
足腰の露出が大きく、腰まわりがガードされていないファッションなど薄手の露出度の高いファッションでいると、交感神経が優位になりっぱなしで、冷え性の原因になります。
冷え性対策の知識不足
祖母や母親世代が当たり前にしていた冷え症対策(湯たんぽ、腹巻き、しょうが湯を飲む)昔からある冷え性改善の知恵が受け継がれなくなったのも、冷え性が増えた原因のひとつです。
筋肉量に対して脂肪が多い
筋肉量が少なかったり、毛細血管が伸びていけないほ皮下脂肪が多かったりすると、体内に熱をめぐらすことが出来ず冷え性の原因になります。
貧血気味で血圧が低い
貧血や低血圧だと血めぐりがわるくなります。貧血や低血圧は、栄養バランスの悪い人、月経時の血の量が多い人、寝不足の人などによくみられます。
女性ホルモンのバランスが乱れている
女性ホルモンと自律神経は、お互い影響しあっています。冷えに月経不順や無月経をともなう場合、女性ホルモンが乱れている可能性があります。
冷えは女性ホルモンをつかさどる卵巣の機能を低下させます。
ストレスが多い
ストレスは交感神経を優位にさせます。毛細血管が縮まるため、からだの末端が冷えてしまいます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ