ストレス冷え性】ストレスと自律神経を乱します。ストレスは何一ついいことはありません、冷え性にもつながります

ストレス冷え

ストレスが自律神経を乱し体を冷えさせる

【ストレス冷え】というストレスと関係の深い冷え性が増えてきています

ストレス解消ストレスは万病のもとといわれ、また、心のかぜともいわれます。命にかかわるような大病ではないのですが、こじらせると様々な病気につながるところも風邪と似ています。当然【冷え性】とも深い関係があります。
体のさまざまな働きは、自律神経がコントロールしていて、暑さ寒さを感じとり、体温を調節するのも自律神経の役割です。この自律神経の働きは、脳の視床下部というところからの指令によってコントロールされていますが、実は視床下部はストレスを認知する部分でもあります。つまり、体の働きと心の動きをつかさどっている部分は、脳という装置の中ではとても近くにあるので、お互いに影響されやすいのです。
人がストレスを感じたり、心配事をため込んだりすると、それが自律神経の乱れへとつながり、体の調節機能にも乱れが生じ、その結果、自律神経失調症となります。

自律神経失調症

自律神経失調症と冷え性

内気できちょうめんで、神経質な人は自律神経失調症になりやすい

ストレスをかかえたままでいると、体にさまざまな影響が及び【冷え性】の原因になります。ストレスは交感神経を優位にし、体を緊張させ体を冷やす要因です。ストレスがあると、よく肩こり、胃痛、頭痛など様々な症状が出てきます。このような症状は、体が冷えている証拠でもあります。

ストレスから冷え性

体が冷えると、心も落ち込んできます。逆に、心がリラックスすれば、体も温かくなります。そのためストレスに強い人は、冷えにも強いといえます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ