冷え性症状】冷え性は、様々な病気や症状を引き起こす原因となりますので、冷え性の症状を把握し、その原因を取り除かなければいけません。

冷え性の症状

生理痛

生理痛生理に生理痛はつきものと、諦めている女性も多いとは思いますが、実は、生理痛はないのが正常になります。
生理中であっても痛みがあるという状態は、からだに異常があるために起こる症状です。
生理痛などの症状の殆どが【冷え性】が原因です。
生理に伴う、吐き気や腹部のはり、便秘、下痢なども冷え性の症状になります。

頭痛

冷えは全身の血液に影響をあたえ【頭痛】を起こします

頭痛冷えは頭痛を引き起こします。なぜ冷えが頭痛を引き起こすのかといいますと、からだが冷えた状態になると、自動的に体表の血管を収縮して熱を放散しないようにからだが反応します。長い間冷えた状態が続くと、体の中に収縮した血管と批離した血管が混在するようになります。当然、収縮した血管内には、血球成分の多いドロドロした粘度の高い血液が流れ、拡張した血管内は水分の多い浸透圧の低い血液が流れるようになります。そのため、頭の中で異常に血管が拡張するために起こるのが、ズキンズキンと拍動する【偏頭痛】が起こります。一方、後頭部から肩にかけての筋肉は、血行が悪いために老廃物が代謝されずに硬くなりこっていくため、【筋緊張性頭痛】が起こります。

冷え性とむくみ

むくみ冷え性とむくみは同時に起こりやすい特徴があります。冷え性とむくみの原因はほぼ同じです。そのため冷え性改善とむくみ改善は共存します。また、むくみは、からだのなかの水分が滞るために起こります。この水分とは、リンパ液や細胞まわりの水分など。リンパ管は毛細血管のあいだを通り、最終的に大静脈という大きな血管に流れ込みます。血めぐりがわるいと、水分のめぐりもわるくなります。リンパ液が滞ったり、血液中の水分が血管からにじみ出て、細胞まわりの水分を増やしてしまいむくんでしまいます。

足のむくみ解消法

スポンサードリンク

ページの先頭へ