下着冷え性】下着と冷え性の関係について。アンダーウェアから見直そう

下着と冷え性

きつい下着について

きつく締め付ける下着は、血液循環を悪化させ冷えにつながります

体をきつく締めつけるような下着は、血液の循環を悪くしてしまい、東洋医学でいう「疾血」の状態になります。特に、骨盤のまわりをガードルなどで、きつく締めつけるのは注意したほうがいいでしょう。骨盤は、女性がいちばん冷えをため込みやすい所で、きついガードルは、その大事なおなかの血行を悪くしてしまいます。きつい小さな下着は、大腿部のつけ根にある大腿動脈や鼠径部のリンパ管を圧迫し、下半身の血液循環を悪くしてしまい。血行の不良から冷えにつながります。このような冷えは重い月経痛の要因になったり、子宮筋腫の症状を悪化させることにもなります。下着を選ぶときのポイントとして大切なことは、可愛らしさ、セクシーさも大切ですが、健康のため、ゆったりとしていて体と布地との間に空気が入る余地のある下着を選ぶ事が大切になります。

小さな下着と冷え性

おへそが出るような、ビキニタイプの小さな下着は冷え性のもと

夏などは、つい油断して小さな下着のまま、冷房のきいた部屋にいたりしますが、これは、女性にとっていちばん大事な器官をわざわざ冷えにさらすようなものです。東洋医学では、「仙骨を冷やしてはいけない」とされています。仙骨とは、脊椎の下端部にある骨盤の後ろの壁をつくっている骨です。脊椎は、人間のバックボーンになる所で、中でも仙骨は特に大切なところです。この仙骨を冷やしてしまうと、子宮や卵巣などの内臓を冷やし、自律神経の働きが乱れたり、ホルモンのバランスがくずれてしまいます。

ビキニの下着はヒップダウンを招く

スタイルを気にして小さい下着にすると、結局は、美容にも健康にも悪影響が出てきます。そのため、下着を選ぶ時は、おしりやおなかをすっぽり包み込むタイプの下着を選ぶ事をお勧めします。寒い時期などは、スパッツや腹巻きを重ねて着るのも冷え性対策につながります。また、下着の布地は木綿や絹など天然素材のものを選ぶ事もポイントです。人間は1日に約500mlの汗を運動をしなくてもかきますが、化繊の下着では、水分を吸いとらないため蒸れますし、ぬれたままの皮膚は体を冷やしてしまいます。そうならないためには、下着の生地にも注意を向けると良いでしょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ